[ランチ 阿波座 カレー]Bumblebee (バンブルビー)


新しい食べ物屋を開拓するのに、店構えから判断しても最近はそんなに外す事はありませんでしたが、それでも何回かに数回は「失敗!」ということがあります。そういった「リスク」を減らすためには、ブログを見て回ると非常に便利です。

今日は、店構えから敬遠をしていましたが、そういったブログで再発見して、「美味しい」とのエントリーで気になっていたカレー店にチャレンジしました。

Bumblebee (バンブル ビー) 店舗概観
Bumblebee (バンブル ビー) 店舗概観


中はカウンターとテーブル二つだけのウナギの寝床のような作り。カウンターの向こうのキッチンの壁には香辛料のビンが並び、その横の壁には真空管のアンプ、上にインドではメジャーな神様のガネーシャとパールバーティのポスターが張ってあり、入り口のそばにはヒンズー語が書いてあるCD等が雑然と積んであります。オーナーシェフと思われるおじさんの格好もちょっとレゲエ風で、出てくるカレーにいやがおうにも期待感が高まります。

Bumblebee (バンブル ビー)  メニュー
Bumblebee (バンブル ビー) メニュー

メニューの中で一番心惹かれたのは「キーマカリー」ですが、初回は色々味わってみたいので「三色カリー」を注文。厨房では急ぐ風でもなく、レゲエ風のおじさんがカレーを一人で作っており、15分程でカレーが出てきました。

Bumblebee (バンブル ビー)  三色カリー
Bumblebee (バンブル ビー)  三色カリー

写真のように見た目は非常にグッド!しかし、食べてみると野菜カレーは味が少し薄い。チキンカレーとキーマカレーは結構辛口で、異なる種類の辛さだが一本調子な感じであまり深みがない。真ん中のご飯も、白米ともサフランライスとも違った変わった感じですが、ちょっとカレーとマッチしていません。

また、おじさんは一緒に行ったM君の注文を思いっきり間違っていて、「キーマカリーのマトン」を出さないといけないのを「三色カリーの牛肉」を出してました。

Bumblebee (バンブル ビー)  チャイ
Bumblebee (バンブル ビー)  チャイ

インドで2ヶ月程放浪をしていた私は、チャイを毎日のように飲んでいましたが、向こうでは「ジンジャー(しょうが)」を入れるのが一般的です。最初は「?」といった感じですが、慣れてくると入っている方が美味しく感じて、ジンジャーが入っていないチャイを飲むと少し物足りない気がします。

ここのチャイはそのジンジャーではなく、「シナモン」が入っていてちょっと変わったチャイになってました。(ここでも注文を間違っていて、ホットではなくアイスが出てきました。)

メインのカレーが、「まずくはないんだけど、美味しいか?」といった感じで、非常にコメントしずらいお店でした。やはり見た目から受ける印象は正しかった・・・

関連ランキング:インドカレー | 本町駅阿波座駅西大橋駅