[ランチ 御成門 カレー]「ザ・カリー」はスパイシーだが辛さの深みが物足りない

[`evernote` not found]
LINEで送る

クライアントとの打ち合わせで御成門へ。

御成門は仕事でしか降りた事がなかったが、この日は打ち合わせ時間まで間があったのでランチを済ますことに。

そこで食べログで見つけたのが、御成門の駅から北に5分程行ったところにある「ザ・カリー」。

最近は、糖質制限の関係でカレーを食べる頻度を下げてましたが、食べログでの評点も高かったので行ってみました。

サラサラのスパイシーカレーライス

11時50分頃に到着したのですが、以外にも外に人は並んでません。

The Kari 外観
The Kari 外観

入口とは異なる通りに面した側には、テイクアウト専用の窓口があります。

店内に入ると、席はカウンターのみで、厨房を囲むようにコの字型にカウンターが広がっています。

メニューは、ビーフ(辛口)910円、チキン(やや辛)810円、エビと森のきの910円、チャナ豆とひき肉810円、ロールキャベツ(月・水・金限定)810円、追加料金で大盛りもできます。

この中から、定番と思われるビーフカレーを頼みました。

注文から出てくるまで約1分程。

非常にスピーディに提供されるのはいいですね。

ビーフカレー(辛口)
ビーフカレー(辛口)

見た目は、かなりサラサラ。

黄色いスパイスのジャガイモが付け合わせとして乗っていて、牛肉は結構ゴロゴロ入ってますが、ご飯とルーの量はあまり多くありません。

スプーンでカレーをすくうと、スプーンの銀色が見えるぐらいのルー。

しかし、実際に口に入れてしばらくすると、シンプルな辛さがきますが、辛さは市販のカレールーで作る辛口よりもちょっと辛い程度ですので、辛口が好きな方は物足りないかも。

ただ、スパイスでの辛さが一本調子で深みが感じられません。

そのため、全般的にちょっと物足りない。

相性が悪かった

カレーライスは、サラサラ系でいくと、カレーハウスCoCo壱番屋やゴーゴーカレーといったものよりも、インディアンカレーが好きなんですが、[ランチ 秋葉原 カレー]「カレーノトリコ」は微妙に物足りずと同じように、ここもちょっと相性が悪かったですね。

910円という価格もちょっと微妙で、残念ながら次回はないかな。

[`evernote` not found]
LINEで送る