[ランチ 秋葉原 らーめん]「とんこつラーメン博多風龍」の冷やしざるラーメンは具のない冷やし中華風


以前にも[ランチ 神田 らーめん]「とんこつラーメン博多風龍」は1コインで2度美味しいでご紹介した、お昼のローテーション入りをしている「とんこつラーメン博多風龍」。

ただ、さすがにこれだけ暑くなってくると汗をたっぷりかきそうなラーメンは回数が減ってきます。

先日、久々に秋葉原2号店に行ってみると、「夏限定!!冷やしざるラーメン」というのが出ていましたので食べてみました。

見た目は「具のない冷やし中華」

冷やしざるラーメンのお値段は、とんこつラーメンと同じく550円で替玉二玉まで無料も同じ。

消費税が8%になったことで、とんこつラーメンも500円から550円になりましたが、神田・秋葉原近辺の低コストなランチ事情と比較しても安めの設定ですが、冷やしざるラーメンは、麺の固さは選べません。

とんこつラーメンよりもちょっと長めの時間待って出て来たのがこちら。

冷やしざるラーメン
冷やしざるラーメン

見た目は「具のないラーメン」にネギがたっぷり載った感じです。

チャーシュー等の具が欲しい

つけダレは、冷やされた状態で出てきます。

つけダレ
つけダレ

実際に食べてみると、麺のボリュームはとんこつラーメンよりもかなりあるのですが、つけダレが酢と醤油に胡麻が入った甘めのタレなため、「ねぎだけがのった細麺の冷やし中華」を食べている気分で、具が何もないのが非常に寂しい感じがします。

1杯目を食べて終わっても、何か物足りない感じで替玉をしましたが、味が一本調子なので段々と飽きてきました。

替え玉
替え玉

また、麺はとんこつラーメンと同様に茹でたものを冷やしているものが出てきますが、がっつり冷えているわけではないので、つけダレが途中から温くなってしまうのも残念です。

「絶品半熟卵入り」が600円で提供されていますが、卵だけだとやはり物足りないと思いますので、もっと何かトッピングがされたものがあればまたチャレンジしてみたいと思います。